MENU

生理前のニキビにピルが効果的って聞いたけど本当?

ピルってどんな特徴があるの?

ピルは経口避妊薬として、世界中で服用されている薬のなかでも一番量が多いとも言われています。ピルを飲む一番の目的は避妊することですが、それ以外にも副効用として避妊効果以外の目的でも飲まれています。

 

ピルにはエストロゲンとプロゲステロンというホルモンが入っているため。、服用すると体のホルモンの分泌を妊娠した状態に変えることが出来ます。そのため排卵を抑制する効果があるので避妊ができる仕組みになっています。

 

副効用としてはホルモンを与えることで生理前の辛い症状を改善したり、生理痛やニキビなどの肌のトラブルにも効果があります。さらに排卵を抑制することで卵巣脳集や子宮外妊娠を減らすメリットもあります。

 

しかしピルの効果は全ての人に表れるものではありませんので、必ず医師と相談の上、自分にあったピルを見つけないといけません。

 

生理前のニキビにピルが効果があるのは何故?

生理前になると増えるニキビ。そんな悩みを経験している方はたくさんいますよね。生理前になると肌のトラブルが増える原因は、排卵後にプロゲステロンのホルモンが活発になり、皮脂の分泌が通常よりも多くなることです。

 

そのためピルを飲めば、プロゲステロンの働きを抑えることができるので、生理前のニキビにも効果があるのです。しかしピルには副作用もあるために、ニキビ治療の目的だけで飲むことはあまりオススメはできません。

 

ピルは軽度のつわりに似た症状がでる場合もあり、吐き気や胸のハリ、不正出血が起こる場合もあります。さらに避妊目的の場合はピルだけを頼りにしてしまうと、性病の予防ができないデメリットもあります。

 

生理前のニキビの対処としては、ホルモンのバランスをとるために体質改善したり、サプリメントなどでバランスをとる方法が安心ですね。

 

生理前のホルモンの働きが原因でできるニキビには、ピルの働きがメリットになる場合もあります。しかし根本的なケアとしては体のなかからニキビが出来にくいように改善するのも大切です。お肌を健康的に維持するように日常的なケアをしましょう。